フォト

札幌のおしゃれなデザイン住宅リフォーム専門店 イメージクラフト

  • 札幌市西区八軒2条東4丁目2-11 TEL:011-788-6346

twitter

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

おすすめリンク

« 気になるところは年内に | トップページ | マンションの内装リフォーム工事・NYロフト風アパートメント »

和室が寒い!!

一日一日と寒くなっている札幌ですが、この時期はリフォームも寒さ対策に関する工事が多くなっています

たとえば、
古いお家で一番寒いのは、何と言っても「和室」ではないでしょうか?

お正月にお客様が来て、泊まる部屋が寒い和室だと申し訳ないものですよね


今のお家ではあり得ませんが、古い住宅では床の下に断熱材が全く入っていないことも珍しくありません

Photo

畳をめくり床板を剥すと・・・  アレマー、スッカスカ!!
これなら寒いはずです

Photo_2

最低でも150ミリの断熱材と、隙間風を防ぐビニールをしっかりと施工すれば、見違えるほど暖かく過ごせますよ

Photo_3

昔の和室は床板が簡単にめくれるようになっていますので、断熱されているかチェックするのは簡単ですね

005

ガーン!  見るからに寒そう・・・
床板をめくった時には、たいてい下からヒューっと風が吹き込んできますよ


このお宅では壁にも申し訳程度の断熱材しか入っておらず、寝ていても冷気が顔に当たるのを感じるそうです

003


ここもしっかりと断熱材を施工し

Photo_5

Photo_6

上から耐火ボード+調湿壁紙で仕上げました

2

お客様は、「工事中の夜から室温が変わった!」 と驚いていましたよ


さらに床暖房にすれば万全ですね

Photo_7

昨今、灯油式床暖房は燃料代を気にされる方が多いですが、床下の断熱工事をしっかりとやっていれば暖房効果が高いので、寒い部屋のままガンガンとストーブを焚くのにくらべ、意外に燃料コストが抑えられるものです

あったか断熱リフォームで今年の冬はホッコリ過ごせますね



イメージクラフトでは、お客様のご要望・ご予算に合わせて最適な和室の断熱工事をご提案しております

見積もり・ご相談、お気軽にどうぞ!









札幌のおしゃれなデザイン住宅リフォーム

「イメージクラフト」

 

Photo_3

 

質問だけでもお気軽に   お問い合わせフォーム

Photo_2

« 気になるところは年内に | トップページ | マンションの内装リフォーム工事・NYロフト風アパートメント »

和室」カテゴリの記事

3.日記・コラム・ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和室が寒い!!:

« 気になるところは年内に | トップページ | マンションの内装リフォーム工事・NYロフト風アパートメント »